読み物

患者さんのための機関誌「きよかぜ」

2022.06.01
産婦人科 谷本慧子  更年期障害と聞いて、女性特有のものだという思われる方もいらっしゃるでしょう。近年、男性にもあるということが広く社会に知られるようになりました。女性は閉経を迎えるにあたり女性ホルモンの激しい「揺らぎ」 ... 続きを読む

2022.05.01
循環器内科 大野篤行  いびきは、睡眠時にのどを支えている筋肉が緩むことで、舌根沈下が起こり、気道(空気の通り道)が狭くなり、のど周辺の組織が振動して音がでることです。飲酒、睡眠薬の影響でもいびきが出やすいと言われていま ... 続きを読む

2022.04.04
眼科 高橋亜以里 健康診断を受けたとき「緑内障の疑い」と言われたことはありませんか?  緑内障は自覚症状が出づらく、自分で気づくことが難しい病気です。徐々に視力・視野障害が進行し、症状が出てやっと眼科を受診する頃にはかな ... 続きを読む

2022.03.01
小児科 相澤魁人  赤ちゃんの離乳食を始めていくと、ある食べ物で蕁麻疹がでてしまった、それ以降怖くて食べさせられない、そんな経験はありませんか?本日は「食物アレルギー」について少しお話をしたいと思います。 ●食物アレルギ ... 続きを読む

2022.02.01
消化器内科 小池弘太 ●はじめに  皆さん、「脂肪肝」という病気を聞いたことがありますか?健康診断などで指摘されたことがある人もいると思います。それではNAFLD/NASHという病気は知ってますか?あまり聞きなれない方が ... 続きを読む

2022.01.01
外科 科長 石松久人  新年あけましておめでとうございます。 本年も静岡市立清水病院を宜しくお願い致します。 ■大腸がんについて  日本人のがんの死亡率と罹患(りかん)率(病気にかかる割合)は、単純に総数で見ると年々増加 ... 続きを読む

2021.12.01
呼吸器内科 科長 伊波奈穂  寒い季節になってきました。例年通り当院でも11月からインフルエンザのワクチン接種が始まっています。コロナ禍である今年は新型コロナウイルスのワクチンを接種された方も多いと思いますが、ワクチンの ... 続きを読む

2021.11.01
小児科 神野太郎  RSウイルスをご存じですか?今年は6月から8月にかけて大流行しましたし、ニュースで大きく取り上げられたのでご存じの方も多いかもしれません。 実は毎年流行っています。  RSウイルスは生後1歳までに半数 ... 続きを読む

2021.10.01
皮膚科 武内直生 ★こんな症状ありませんか?  乾癬の症状は、ガサガサして厚ぼったい、境目がはっきりした赤い皮疹が特徴的です。かゆみは約半分の人でみられます。全身どこにでも皮疹はできますが、特に擦れるところによくでき、例 ... 続きを読む

2021.09.01
産婦人科 坂巻智美 みなさん2年に1回の子宮頸がん検診を受けていますか?  子宮頸がんは30~50代での罹患率が高く、30代での死亡例も稀ではありません。また、がんの治療によって妊娠や出産にも影響が出る場合があります。 ... 続きを読む

2021.08.01
整形外科 佐藤雅洋 ■どんなケガ?  槌指は指先をぶつけたり挟まれて指の第1関節(DIP関節)を強い力で曲げられたり反らされることで生じます。   主に腫れや痛み、内出血斑といった症状を生じます。ケガの直後は腫れのため目 ... 続きを読む

2021.07.01
泌尿器科 内田貴人 <夜間頻尿とは>  夜間に排尿のために1回以上起きなければならない症状を夜間頻尿といいます。下図の通り加齢とともに頻度は高くなり、日常生活においても支障度の高い症状です。               ... 続きを読む