病院について

病院情報の公表

平成28年度 静岡市立清水病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 313 140 105 185 323 432 912 1,493 1,327 369
当院は60歳以上の患者さんが7割以上を占めています。
平成27年4月から地域包括ケア病棟を開設し、高齢者の在宅復帰支援にも力を入れています。
また小児科病棟を有しているため、10歳未満の患者さんも多く受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 164 48.87 27.63 35.37% 82.01  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 62 6.60 5.49 0.00% 55.74  
160620xx01xxxx

肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等

34 8.15 11.91 0.00% 45.47  
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし 31 7.42 5.86 0.00% 49.87  
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 30 5.23 3.07 0.00% 70.60  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 30 21.10 20.57 16.67% 76.97  
 
消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 12.47 11.06 2.04% 78.43  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 47 8.87 11.74 0.00% 75.96  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 24.50 21.25 20.00% 86.63  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 22 16.36 19.24 18.18% 79.91  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 9.55 10.93 4.55% 67.64  
 
呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499×012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり A-DROP スコア2 74 24.49 18.71 8.11% 86.05  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 63 30.76 21.25 14.29% 85.90  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 59 22.71 19.92 3.39% 75.29  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 52 4.38 3.68 0.00% 71.00  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 43 13.49 12.35 0.00% 74.60  
 
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060370xx97000x 腹膜炎、腹腔内膿瘍 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 33 11.76 20.35 0.00% 48.35  
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 25 7.55 12.75 0.00% 49.24  
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 23 14.22 15.92 0.00% 73.70  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 18 7.61 7.61 0.00% 55.33  
060040xx02x00x 直腸肛門の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 副傷病なし 14 19.17 17.98 0.00% 67.83  
 
乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 31 12.26 11.57 0.00% 65.58  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術
乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
処置2なし
15 8.73 6.59 0.00% 66.46  
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アブラキサン等(6) 4.56  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術
単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし
10.30  
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 6.11  
 
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 72 5.61 7.44 0.00% 73.74  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 65 6.55 9.98 0.00% 71.86  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 30 5.97 5.83 3.33% 67.73  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 28 7.54 12.43 0.00% 72.14  
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 14 10.71 12.52 0.00% 73.79  
 
神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 82 33.48 16.54 2.44% 71.56  
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 27.04 18.76 10.71% 74.00  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 48.69 19.35 12.50% 72.25  
010060×2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 2あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 65.75 32.67 16.67% 77.50  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 36.40 21.25 20.00% 79.50  
 
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 26 5.12 6.02 0.00% 3.54  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 6.57 6.42 4.35% 3.22  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 5.26 6.18 0.00% 0.00  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 20 5.55 9.33 0.00% 3.50  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 19 4.58 5.50 0.00% 4.37  
 
産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 36 6.50 6.42 0.00% 43.28  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 28 4.68 4.92 3.57% 56.04  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 8.96 10.05 0.00% 46.58  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 21 5.33 5.12 0.00% 64.48  
120140xxxxxxxx 流産 14 2.21 2.43 0.00% 33.86  
 
脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 13.78 11.83 3.70% 80.19  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 15.88 9.87 4.17% 77.00  
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 20 39.75 22.08 20.00% 72.75  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 12.53 7.52 0.00% 43.12  
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 15 34.60 25.02 6.67% 75.60  
 
皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 48 7.23 8.96 0.00% 74.77  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 38 9.26 11.97 0.00% 71.16  
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 あり 11 49.45 49.25 0.00% 78.82  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 6.20 8.78 0.00% 66.20  
080090xxxxxxxx 紅斑症 10.37  
 
血液内科(平成28年度まで)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 39 16.13 16.83 0.00 77.08  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 15 19.73 34.90 6.67 80.73  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 11 27.91 41.96 0.00 71.82  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21.25  
130010xx97x6xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 6あり 40.08  

整形外科の股関節大腿近位骨折は、症状に応じ、地域連携パスにより他のリハビリ病院に転院する運用を行っています。
また当院は回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟を有しており、急性期治療の終了後、引き続き入院しながらリハビリや在宅復帰の支援を受ける患者さんもいますので、そのことが在院日数に反映されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 27 1 7
大腸癌 16 20 28 18 33 1 7
乳癌 11 28 1 7
肺癌 23 69 39 28 1 7
肝癌 49 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

「初発」とは、その病院における初回の治療のことです。
「Stage」は、がんの進行の度合いで、数字が大きいほど進行している状態です。
「不明」は、検査等を行ったが、がんと確定するには至らない状態です。
「再発」とは、初回以降の継続治療のことを差し、この表では、その患者数と治療回数の延べ人数を示しています。
 当院では手術の他、抗がん剤による化学療法、放射線治療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症      
中等症 167 20.08 77.89
重症 13 28.85 84.62
超重症
不明      
今回の統計では、重症度の分類に、A-DROPスコアが用いられています。
 このスコアは、5点満点で評価し、1項目該当すれば1点を加算して重症度1、2項目該当すれば2点を加算して重症度2、と、点数に応じて重症度を判定する仕組です。
 評価項目に、「男性70歳以上、女性75歳以上」という項目がありますが、当院は高齢の患者さんが多いため、スコア判定の結果として、重症度1から2の患者数が多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他        
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他        
I63$ 脳梗塞 3日以内 196 43.63 75.86 9.26%
その他 20 39.25 70.80 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内        
その他        
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内        
その他        
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他        
当院は発症3日以内の患者数が多くなっています。早期に治療を行うことで、患者さんのADL低下の防止につながっています。
また当院では、急性期の治療後に院内の回復期リハビリテーション病棟に移る方が多いため、その期間が在院日数に反映されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 119 5.04 41.93 31.09% 79.55  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 81 6.54 41.22 35.80% 81.59  
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 等 67 1.72 13.27 0.00% 60.33  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 55 1.96 13.55 1.82% 51.84  
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 等 54 1.13 3.33 0.00% 50.43  
 
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 73 1.14 3.30 0.00% 71.33  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 37 1.03 1.68 0.00% 68.05  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 2.32 6.03 2.94% 59.61  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 27 1.44 9.93 0.00% 65.26  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 2.65 10.17 0.00% 73.22  
 
消化器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 51 1.73 9.63 0.00% 76.18  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 47 6.85 15.19 2.13% 79.53  
K654 内視鏡的消化管止血術 34 1.26 11.56 0.00% 73.06  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 32 1.16 10.06 0.00% 78.78  
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20 2.15 7.70 0.00% 76.80  
 
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 83 1.36 3.54 0.00% 73.12  
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 65 1.14 4.42 0.00% 71.86  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 28 1.64 2.86 3.57% 66.07  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.86 3.62 0.00% 65.05  
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 16 1.31 3.63 0.00% 74.88  
 
産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 40 1.53 7.33 0.00% 49.00  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 37 0.89 5.41 0.00% 43.59  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.00 1.24 0.00% 36.45  
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 12 0.50 0.58 0.00% 34.17  
K879 子宮悪性腫瘍手術  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術  
 
脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 52 1.31 11.50 3.85% 78.98  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 21 2.05 78.48 19.05% 68.24  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 18 1.11 82.50 33.33% 73.50  
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの)  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)  
 
眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)

124

1.00 1.98 0.00% 76.46  
K279 硝子体切除術  
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)  
               
               
 
皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.55 5.00 0.00% 68.09  
K0132 分層植皮術(25以上100未満)  
K0064 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12㎝以上)  
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上)  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)  
 
神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 54.36 58.18 36.36% 80.73  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術  
K8282 包茎手術(環状切除術)  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術  
K0911 陥入爪手術(簡単なもの)  
K664-2 経皮経食道胃管挿入術(PTEG)  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)  
K386 気管切開術  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)  
当院は70・80歳代の患者数が特に多いため、高齢者の骨折に対して整形外科の骨折に関わる手術が多く実施されています。
また、救急患者数の増加に伴い、入院患者数が増加し緊急手術件数も増加しています。(当院における緊急手術件数の割合 約11.0%)
なお、白内障の手術も多く実施しており、当院では4日程度の入院で手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 10 0.18%
異なる 23 0.41%
180010 敗血症 同一 31 0.55%
異なる 50 0.89%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.32-%
異なる  
 医療資源を最も投入した病名と、入院のきっかけになった病名が、同一か異なるかで集計をしています。
 当院は二次救急医療機関として、重篤な状態で救急搬送される患者さんも多く、外傷による臓器損傷や、がんの大手術等も行っています。その手術後に、血液の凝固に異常をきたすDICを起こす場合があります。
 また、高齢の患者さんでは、免疫力が低下し様々な感染症等にかかり、血液に病原菌が入って敗血症になることもあります。
 手術・処置等の合併症は、術創部の感染や出血、人工股関節の脱臼、予防接種後の発熱等が見られました。
更新履歴
2017.10.1
平成28年度の病院指標を掲載しました。

 

PAGE TOP