診療科・各部門について

スタッフ紹介

感染防止対策室長(ICD) 増田 昌文
感染管理認定看護師(CNIC) 齋藤 敦子
感染管理認定看護師(CNIC) 伏見華奈
医療秘書 2名

 

部門紹介

感染防止対策室は認定感染制御医師(ICD)である医師を室長とし、感染管理認定看護師(CNIC)、医療秘書で構成されています。ICT活動の中心を成すと同時にその他の委員会と連携し、病院及び地域の感染防止を推進する役割を担います。

主な活動内容

  1. 特殊な感染症の発生やアウトブレイクを疑う特定菌の増加といった感染症情報を集約・分析し、現場への速やかな情報のフィードバックを行うとともに、ICTと協力して適切な対策を検討します。
  2. 感染症に関する最新の知識を集約し、院内感染対策研修会やラウンドを通じて、病院職員や患者及び家族に対する感染防止に対する知識向上に努めます。
  3. サーベイランス(耐性菌をはじめとした院内分離菌、医療器具関連感染、各種感染症)を実施します。
  4. 職業感染対策として、インフルエンザワクチン接種、針刺し・切創等の曝露対策を実施します。
  5. 院内感染対策マニュアルの作成・改訂を行います。
  6. 院内外からの感染関連相談業務を行います。

院内感染予防対策の取り組み

  1. 感染制御チームによる院内巡視のサーベイランスの実施
  2. 抗菌薬の適正使用
  3. 咳エチケットを守るためのマスク着用の推進
  4. 手指衛生の推進(接触感染予防対策)

感染管理認定看護師より
ICT委員として活動を進めていく中で、感染対策に興味を持ち、平成24年度「感染管理認定看護師」を取得しました。認定看護師を目指すにあたり、病院にバックアップをして頂き、また所属部署のスタッフの方々の応援や協力があったからこそ、無事に研修を修了し、認定を取得することが出来ました。

現在は、感染防止対策室の専従看護師として医療関連感染予防の為に病院ラウンドを行い、相談などを通じて現場の情報を収集し、感染対策向上のお手伝いをしています。また、全職員を対象とした感染対策研修会の企画・運営を行い、多方面から院内感染対策に関わる活動をしています。

今後も「患者・家族、病院で働くすべての職員を感染から守る」という目標を掲げ、様々な職種、チームと連携し、病院内だけではなく地域の中核病院として地域の人々、患者・家族、職員を医療関連感染から守る活動に取り組んでいきます。

PAGE TOP