診療科・各部門について

スタッフ紹介

室長(兼務) 丸尾 啓敏 副病院長
統括医療安全管理者(専従) 高田 千鶴子 技監
医療安全管理者 庄村 しのぶ 技監
事務職員(専従) 1名
兼務職員 原田 晴司 薬剤部長
望月 克敏 医療技術部長
萩原 正寿 検査技術科長
澤野 公一 リハビリテーション技術課長
良知 伸昭 病院総務課長
水上 卓彦 医事課長
浦田 静生 病院施設課長

医療安全管理室の設置

静岡市立清水病院医療安全管理室は平成18年4月に設置されました。他部門から独立した立場で、組織横断的に病院全体の医療安全にかかわる業務を担っています。

医療安全管理のための基本的な考え方

医療の現場では医療従事者の不注意が医療上望ましくない事態を引き起こし、患者さんの安全を損なう結果になりかねません。患者さんの安全を確保するためには、まず全職員の不断の努力が求められます。さらに日常業務の過程にいくつかのチェックポイントを設けるなど、医療安全体制の仕組みを院内に構築することが重要です。

私たちはこのような考え方をもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、病院全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、患者さんが安心して医療を受けられる環境を整えることを目標に適切な医療安全管理を推進してまいります。

医療安全管理室の業務内容

  1. 医療安全管理委員会の庶務に関すること(資料及び議事録の作成及び保存等)。
  2. 医療安全対策のための各部門への依頼、調整、助言、企画立案。
  3. 生殖補助医療(ART)の安全管理に関する小委員会の設置。
  4. アクシデント、インシデント報告の収集及び分類、保管(集計結果の管理)を行い、医療安全作業部会へ分析の検討依頼。
  5. 定期的に院内を巡回し、現場からの情報収集、マニュアルの遵守状況、改善策の実施などの確認と指導。
  6. 医療安全に関する最新情報の把握と職員研修の企画・実施に関すること。
  7. 医療事故発生時の対応、指示、指導に関すること。
  8. 医療訴訟に関すること。

(以上、当院「医療安全管理指針」より抜粋)

医療を受けるみなさまに室長からのメッセージ

私たち医療従事者は安全な医療の提供に日々努めていますが、みなさまにも医療安全を理解し参加していただくことで、より良い医療をいっしょに築いていきたいと考えています。そこで、「安全な医療を受けるための10か条」をご紹介します。

  1. 普段からご自身の健康状態を観察しましょう。
  2. 名前はフルネームで伝えて、確認しましょう。
  3. 受診した時は、自分の症状を伝えましょう。
  4. 医療従事者からの説明を聞きましょう。
  5. 薬の間違いを防ぎましょう。
  6. 転倒・転落を予防しましょう。
  7. 退院が決まったら、自宅の準備をしましょう。
  8. かかりつけの医療機関を持ちましょう。
  9. 疑問を感じたら、必ず確認しましょう。
  10. 医療機関を受診する時はマナーを守りましょう。

PAGE TOP