診療科・各部門について

スタッフと専門領域

医師名 出身大学 医師免許取得年 専門領域・資格等

医師
尾崎正時
千葉大学 昭和58年 ・医学博士
・漢方専門医
・日本東洋医学会代議員
・静岡県立大学客員教授

はじめに

現代医療のなかで漢方が使われるのは、主には下記のようなケースです。

  1. 現代医学ではっきりした診断がつかない場合
  2. 診断はついているがよい治療法がない場合
  3. 現代医学的治療の副作用の予防・治療、治療後の体力回復
  4. 多臓器・多系統にわたる疾患
  5. 病気の予防、体質改善

症状はあるが診断がつかない、現代薬がいまひとつ効かない等でお困りなら、一度漢方を試してみてはいかがでしょうか。処方する漢方薬は、すべて健康保険の適応となります。治療はエキス製剤と生薬末のみで煎じ薬、鍼灸には対応しておりません。

漢方とは

古代~近世まで断続的にもたらされた中国医学と我が国の経験医学を独自に発展させ体系化した日本の伝統医学です。江戸時代に入ってきたヨーロッパ医学を蘭方とよぶようになったのにともない、漢方とよばれるようになりました。中国では現代医学を西医学、中国伝統医学を中医学と呼んでいます。漢方と中医学は、基本的考えは共通なのですが、違いがあります。現在の日本の漢方では、症状(証という)に合わせて処方を決めます(方証相対)。中医学では、症状を伝統医学的に解釈し伝統医学的な治療方針を決め(弁証論治)、その治療方針にしたがって処方を組み立てます。処方は漢方と同じものもありますが、中医学にしかないものもあります。逆に漢方にしかない処方もあります。どちらが優れているかは一概にはいえません。当科では漢方と中医学のいいとこ取りを目指しています。

漢方の適応

精神科関連疾患(うつ状態、不安、動悸、イライラ、不眠、不登校、自律神経失調症など) 
小児科関連疾患(夜泣き、疳の虫、風邪をひきやすい、虚弱児、夜尿症など) 
消化器疾患(食欲不振、腹痛、下痢、便秘、痔など) 
呼吸器疾患(感冒、咳、痰など) 
産婦人科関連疾患(月経不順、月経痛、更年期の症状、不妊、習慣性流産など) 
耳鼻科関連疾患(鼻炎、副鼻腔炎、めまい、ふらつき、のどのつかえ感など) 
がん関連疾患(がん治療の副作用、がん治療後の体調不良、末期がんの症状緩和など) 
疼痛性疾患(リウマチなどの膠原病の痛み、神経痛、歯痛、舌痛症など) 
老化による疾患(膝関節痛、しびれ、かすみ目、認知症など) 
泌尿器科疾患(頻尿、慢性膀胱炎、前立腺肥大症、不妊症など) 
アレルギー性疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、じんま疹など) 
その他(冷え症、手足のほてり、体力低下、にきび、頭痛、肩こり、むくみ、肥満など)

診療のながれ

まずお話を伺います。その後、舌、脈、お腹をみて漢方薬を処方いたします。初診は診察に時間がかかるため、予約のみとなっています。初めて受診するかたは、電話で予約のうえ受診してください。診療は月―金の午後に行っています。また必要に応じ血液検査、画像診断などの現代医学的検査を行うことがあります。

お問い合わせ
電話 静岡市立清水病院 054-336-1111  内線 2050

PAGE TOP