病院について

患者さんの権利とパートナーシップ

患者さんの権利

静岡市立清水病院は、医療行為が患者さんと医療関係者との信頼関係の上に成り立つものであり、医療の中心はあくまでも患者さんであることを深く認識し、一人ひとりの患者さんには次の権利があることを確認します。

1. 良質の医療を受ける権利

だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。

2. 尊厳を得る権利

だれでも、医療を受けるに当たって、一人の人間として、その人格、価値観などが最大限尊重される権利があります。

3. 情報を知る権利

病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得のいくまで十分な説明と情報を受ける権利があります。また、自分の治療記録の開示を求める権利があります。

4. 自己決定の権利

十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利、あるいは拒否する権利があります。

5. 機密保持を得る権利

医療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。

パートナーシップ

患者さんと医療者のパートナーシップについて
医療は患者さんと医療者の信頼関係のもとに協働で進めるもの(パートナーシップ)と考えております。 清水病院では医療を進めるうえで、患者さんに十分な医療情報を提供し、その内容を分かりやすく説明したうえで、セカンドオピニオンを含む最善の方法を選択して頂いております。清水病院では、「病院の理念」(患者さん中心の医療)を念頭におき、「患者の権利」を尊重しつつ、患者さんに「患者の心構え」をご理解願い、これをもとに確かな信頼関係を構築していきます。

患者の心構え
患者さんと医療者の相互が十分に意志の疎通をはかり、手をたずさえて進めることにより、良い医療が成り立つものと考えておりますので、患者さんにも以下のようなご協力をお願いします。

1. 自分の情報を正確に提供する心構え

最善の医療を実現するため、ご自身の健康に関する情報はできるだけ正確にお伝えください。

2. 疾病や医療を十分理解する心構え

「インフォームド・コンセント(説明と同意)を重視していますので、医療に関する説明は納得できるまでお尋ねください。

3. 医療に積極的に取り組む心構え

医師の説明を聞き、ご自身で納得した治療方針に沿って、治療に専念してください。

4. 医療の安全に取り組む心構え

治療や検査を受けられる場合は、職員とともにご自分のお名前と内容をご確認ください。

5. 快適な医療環境づくりに協力する心構え

全ての患者さんに快適な療養環境を提供させて頂くために、病院内での規則と病院職員の指示をお守りください。

PAGE TOP