診療科・各部門について

スタッフと専門領域

医師名 出身大学 医師免許取得年 専門領域・資格等

診療部長
中村 雅登

慶應義塾大学 昭和54年 ・病理専門医
・病理専門研修指導医

付記
日本病理学会認定施設
日本臨床細胞学会認定施設

はじめに

病理診断科は病理学の上に成り立つ、主に診断をする科である。病理学とは、病気の原因・成員・病態・進展を科学する学問である。当病院の病理科を主に診断業務を行っている。病理診断とは、たとえば、胃に病変があれば、その細胞組織を採取して、染色し、病変の性質(癌であるか否か)を診断する。これを病理組織診断という。また婦人科などで、帯下等を採取してプレパラートに細胞を貼り付け顕微鏡で悪性細胞か否かを診断する。これを細胞診断という。また、不幸にしてなくなった患者さんを、ご遺族の方の許可を得て、解剖し、その患者さんがどのような病気を持ち、どのようになくなったかを検討する。これを病理解剖という。また、研究・教育は医師の使命として必須である。このように病理科は、病理組織診断・細胞診断・病理解剖・研究・教育の5つ柱になりたっている。また、手術中に組織診断や細胞診断をする迅速診断も行っている。日本病理学会によると本院では2名以上の常勤病理専門医が必要であるが、現実には1人病理医体制である。

病理組織診断
病理組織診断は常勤病理医と週1回(4時間)の非常勤病理医(1人)で行った。診断補助のための免疫染色や電子顕微鏡も行っている。課題としては2人以上の病理専門医が討議しながら診断するダブルチェック・トリプルチェックが望まれる。

細胞診断
2名の細胞検査士がダブルチェックでスクリーニングし、良性はそこでレポートを提出する。少しでも怪しい症例は病理医と細胞検査士2名の、トリプルチェックでレポートを返している。

病理解剖
1名の病理医・2名の臨床検査技師でおこなっている。

教育
卒後教育を行っている。臨床医の学会発表のスライド作りなどをしている。

病理診断科実績

主要検査件数

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
組織診断 3,523 3,517 3,277 3,106 2,790
術中迅速 84 100 67 67 38
電子顕微鏡検査 1 0 0 0 0
免疫染色 242 219 279 172 96
ER, PGR 60 118 75 63 6
HER2 60 61 75 50 6
細胞診 5,264 4,742 4,595 4,206 4,247
術中迅速 22 28 14 12 11
剖検 10 1 10 10 8

PAGE TOP