診療科・各部門について

スタッフと専門領域

医師名 出身大学 医師免許取得年 専門領域・資格等

科長
奥山 邦昌
慶應義塾大学 平成6年 ・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
・日本脊椎脊髄病学会認定指導医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本整形外科学会認定脊椎内視鏡
 下手術・技術認定医
科長
栩木 弘和
慶應義塾大学 平成8年  ・日本整形外科学会専門医

科長
菊池 謙太郎
昭和大学 平成12年 ・日本整形外科学会専門医
・日本体育協会スポーツドクター
・日本整形外科学会認定スポーツ医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

医長

古川 満
慶應義塾大学 平成15年

・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会脊椎脊髄病医
・日本脊椎脊髄病学会認定指導医

医長
河野 友祐
浜松医科大学 平成16年  ・日本整形外科学会専門医
 ・日本手外科学会専門医
医師
大木 有佑
帝京大学 平成24年  
医師
前田 篤志
藤田保健衛生大学 平成25年  
医師
板橋 正
慶應義塾大学 平成26年  

付記
整形外科学会専門医制度教育研修施設

はじめに

当院整形外科は、慶應義塾大学整形外科教室の派遣医師で構成され、日本整形外科学会研修認定施設でもあります。常勤は8名、他に非常勤1名で各分野の専門医を揃え、質の高い医療の提供に努めています。日本整形外科学会専門医は5人で奥山・古川が脊椎脊髄疾患、栩木が上肢疾患(手・肘関節疾患)、河野が上肢疾患(肩関節疾患)、菊池が下肢疾患(膝・股関節・足疾患)を専門分野とし、地域の第一線病院として整形外科疾患全ての診療を対象としています。開業されている先生方と密接に連携をとり、地域医療に貢献するように心掛けています。

主な対象疾患

1. 脊椎脊髄疾患

椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、頸椎症、脊椎脊髄症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、外傷(骨折・脱臼・脊髄損傷)、側彎症など脊椎脊髄専門医による外来や検査、手術を行っています。多くの開業医から紹介をいただいており、患者さんに満足いただける医療を提供すべく、診療スタッフ一同取り組んでおります。画像検査では単純X線(レントゲン)、CT(断層CT、再構築3DCT)、CTangio、MRI、骨シンチグラフィー等の他、筋電図、下肢血流検査、骨塩定量(骨粗鬆症検査)など、必要に応じて総合的に病態を評価し治療を行います。外来では診察、投薬、注射(点滴、局部トリガー注射、仙骨硬膜外ブロックなど)等を行います。

検査入院では、脊髄造影(ミエログラフィー)、神経根造影(神経根ブロック)、椎間板造影などを行い、診断のみならず、責任病巣の特定、手術適応の有無、手術法の選択など今後の治療方針を決定します。手術は予定手術を原則とします。特に低侵襲手術には力を入れており内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(MED)や顕微鏡下選択的椎弓形成術などを行い良好な成績を収めています。疾患や手術法によっても異なりますが、入院期間は数日から2週間ほどであり、低侵襲手術では術後1日目、ほかの手術でも2-3日以内には歩行可能となります。当院では脊椎脊髄指導医のもと、安全な手術を行っております。手術では手術用顕微鏡や内視鏡(MED)、術中レントゲン透視装置、術中回収血装置、Cusa(超音波装置)などの医療支援装置を使用し充実した質の高い手術を行っています。

低侵襲脊椎手術

1)内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(MED)

椎間板が 突出し神経を圧迫すると腰痛だけでなく下肢痛や痺れなどが出現します。安静、内服薬などで改善しない場合、手術を行うこともあります。従来は大きく皮膚を切開し手術をしていましたが、当院では内視鏡による小さな傷で行っています。

脊椎内視鏡は1997年にアメリカで開発された手術法で、日本国内ではまだ普及していません。手術は約20mm皮膚を切開し、直径18㎜の内視鏡を挿入し、脊椎に到達します。内視鏡を通して映し出される画像をテレビモニターで見ながら、特殊な手術器械を用いて限られたスペースの中で椎間板ヘルニアの摘出を行います。平均約1時間程度で済み、出血もほとんどありません。皮膚や筋肉のダメージが最小限ですむため、傷の痛みが少なく、早期に社会復帰ができます。術後は翌日からコルセットを装着して歩行可能であることが従来法と比べて大きなメリットです。

2)選択的椎弓形成術

頸椎症性脊髄症や頸椎後縦靱帯骨化症などの圧迫性頚髄症に対しては、手術用顕微鏡を用いることにより後方の筋肉を温存する術式を行っています。手術後の頸部痛が少ない、 頚椎のカーブがくずれにくい、手術後の運動制限がない、手術中の出血量が少ない、早期社会復帰などのメリットがあります。従来の頚椎の手術に比べ痛みが少ないため手術の翌日から装具なしで歩くことができます。

その他の脊椎疾患についてはこちらをご覧下さい


2. 上肢疾患(手・肘・肩関節疾患)

上肢の骨折、絞扼性神経障害(手根管症候群、肘部管症候群)、肩関節疾患(腱板断裂、反復性肩関節脱臼)、関節リウマチによる関節の痛みなど初診で当院にかかられる患者様も多くいらっしゃいますが、多くの開業医から紹介をいただき治療に当たっております。単純X線、CT、3D-CT、MRI、筋電図などにて検査を行い、総合的に病態を把握しています。

主には、骨折(上腕骨骨折、橈骨骨折、尺骨骨折、手根骨骨折、指骨折、肘関節内骨折)、腱の損傷(伸筋腱断裂など)、絞扼性神経障害(手根管症候群、肘部館症候群など)、肩の腱板断裂などの治療を行っています。

また、新しく開発した人工肘関節を用いた置換術、橈骨遠位端骨折後の変形治癒症例に対する独自デバイスを用いた手術なども行っています。

橈骨遠位端骨折後の変形治癒・人工肘関節

橈骨遠位端骨折変形治癒後の矯正骨切り術

橈骨遠位端骨折と言われて治療をしたが、手首の痛みがとれないために、お困りの方は、変形治癒によるものかもしれません。これは、骨折が変形して癒合してしまうことによりおこります。橈骨遠位端骨折後の合併症として最も頻度が高いものです。当院では、詳細な検査を行った後に治療をしています。

変形治癒が明らかになった場合には、当院で独自に開発した骨切りデバイスにて正確な手術を行うことが出来ます。術後は疼痛なくなって、手首の動きがよくなることが期待できます。

人工肘関節置換術

関節リウマチ、高齢者の上腕骨遠位部粉砕骨折に対して、人工肘関節置換術を行っています。

慶応義塾大学、女子医科大学の先生とともに開発した新しい人工肘関節を当院では使用しています。この肘関節は、詳細な解剖学的な研究に基づき開発されており、curved stem、non cemented、高い髄腔占拠率、完全伸展可能など多くの優れた特徴があります。そのため、患者様は、体に有害な骨セメントを使用することなく手術を受けられ、術後のゆるみなどの問題が少なくなり、肘の動きがよくなり、痛みが軽減されます。

その他の上肢疾患についてはこちらをご覧下さい


3. 下肢疾患(膝・股関節・足疾患)

変形性膝関節症、前十字靱帯損傷、後十字靱帯損傷、半月板損傷、タナ障害、離断性骨軟骨炎、変形性股関節症、大腿骨頭壊死、アキレス腱断裂、足関節靱帯損傷、骨折、脱臼など

以前では、“膝の痛みなどは歳のせいだから”、“仕事にはつきものだから我慢するしかない”、“命に別条ないので病院にかかるまでもない”などと済まされることがあたりまえでした。しかし、少子高齢化が進む現在では、例え高齢でも高い質の生活(QOL)が重視され、運動の面でも不自由のない生活が望まれるようになりました。

当院では関節鏡による鏡視下手術(前十字靭帯再建術、半月板切除/縫合など)、人工関節置換術(人工膝関節置換術、人工股関節置換術)などに力を入れており、良好な成績を得ています。入院期間は、疾患や手術法により異なりますが、概ね半月板損傷などに対する鏡視下手術の場合には4-5日間、靱帯損傷などに対する鏡視下靱帯再建術の場合には術後2週間、人工関節置換術の場合には術後3-4週間程度の入院が必要になります。

鏡視下手術(前十字靱帯再建術、半月板切除/縫合など)・人工関節置換術(人工膝関節置換術、人工股関節置換術)

前十字靱帯再建術

前十字靱帯が損傷すると、スポーツ時に支障をきたすことがあり、また、その後に半月板がきれたり、関節軟骨が傷んだりするので、年齢が若く、スポーツを日常的に行っている人は治療が必要になります。前十字靭帯は血行が乏しいので、一度損傷すると、ギプスによる外固定や、手術的に縫合術を施してもほとんど治癒しないと言われています。そのため、現在のところ治療として靱帯のかわりになるものを移植する方法しかありません。

日本では主に骨付き膝蓋腱と膝屈筋腱のどちらかを移植の材料として用いることが多く、ともに良好な成績が得られています。但し、移植した腱がそのまま靱帯になるのではなく、一度壊死して、その後細胞が浸潤してきて新しい靱帯に生まれかわるため、スポーツ復帰までに多くの時間が必要となります。

当科では移植腱に膝屈筋腱と人工靱帯を組み合わせたハイブリッド型移植材料を利用し、これにより高い力学的強度を持つ靭帯を作ることができるようになり、前十字靱帯の再建のみならず、後十字靱帯の再建にも応用しています。また、前十字靭帯は前内側線維束と後外側線維束の2つのバンドからなり、骨に付着する部分が太く、中央が細い構造をしていることが知られていました。最近の研究により、この2つのバンドは膝の角度によって相互に機能を分担していることがわかり、より生体に近い靭帯を復元することが望ましいという意見が唱えられるようになっています。

当科では前内側線維束と後外側線維束の2つのバンドを、2つのハイブリッド型移植材料でそれぞれ再建しています。また、再建時には関節鏡を用いて行うため、手術創は小さくて済みます。現在、形状でも機能でも正常に近い状態に再建することが可能となっています。

鏡視下半月板切除

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨の板で、クッションの役割をしています。これが損傷されると、膝関節の曲げ伸ばしの際に痛みや引っ掛かりを自覚します。ひどい場合には、頻回に膝に水がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

原因はスポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月板に軽微な外力が加わって損傷する場合があります。怪我で生じる場合では、体重が加わった状態での捻りや衝撃だけで半月板が損傷するものと、靱帯損傷に合併して起こるものがあります。半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではわずかな外傷でも半月板損傷が起こりやすくなります。

また、診断では単純X線(レントゲン)では半月板は写りません。症状や診察で半月板損傷を疑えば、MRI検査を行います。MRI検査は非侵襲性であり、半月板損傷の病態や靱帯損傷の診断にも有用です。

治療ではリハビリテーションや抗炎症薬の内服などの保存的加療で改善する場合がありますが、改善しない場合には手術を行います。手術法には切除術(損傷した部分を切り取る)と縫合術(損傷した部位を縫い合わせる)の2種類があり、通常は関節鏡(関節の中を詳しく調べるための小さな内視鏡カメラのことで、ファイバースコープのひとつです)。を使って行います。

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術の適応は、関節軟骨が破壊され、下肢の変形が進んだために、疼痛が強く日常生活をおくるにあたってかなり支障をきたす方です。(膝関節の痛みの原因も多種にわたるため、疼痛が強いからといって必ずしもこの手術が必要なわけではありません。) 人工関節の材料として一般的にはコバルト合金、チタン合金などが使われています。長所としては、①高い除痛効果がある、②術後早期から荷重ができる、③入院期間が短い(当科では術後3-4週間で退院)、④高度な変形にも対応できるが挙げられますが、短所としては、①関節可動域が犠牲になることがある、②人工物であるため再手術が必要になることがあることがあります。

手術方法を簡単に解説すると、傷んだ関節軟骨を切除してそこに金属などの人工物をかぶせ、下肢の変形を矯正することです。関節置換といっても膝関節そのものをいれかえるわけではありません。虫歯の治療でいえば、入れ歯にするのではなく、金歯/銀歯をかぶせると考えると良いと思います。

変形性膝関節症

外傷治療(下肢)

当院で行われている手術で最も多いのが下肢の外傷です。
転倒、労働災害・交通事故等による骨折や脱臼などの外傷治療を積極的に行っています。特に下肢の外傷の場合には、受傷を契機に歩行困難を余儀なくされ、日常生活・仕事などに著しい支障を来します。具体的には、早期社会復帰、元の歩行レベルまでの改善などの運動機能の回復を第一の目標とし、手術適応の可否を判断した上で治療を行っています。例え、骨の強度が弱くても、粉砕・関節内骨折や人工関節(人工骨頭)近傍の骨折であっても、これまでの当院でのノウハウを生かし治療を行っています。手術的加療の場合、全身状態にもよりますが、当院では手術までの待機期間が即日~1週間前後と比較的短いことが特徴です。

その他の下肢疾患についてはこちらをご覧下さい

外来について

現在、再診は予約診療をしていますが、患者様が多く担当医によっては待ち時間が長く診療時間が短いという悪循環に陥っています。その結果、外来診療が時間内に終わらず、手術・病棟業務および救急患者様への対応に慢性的に支障が出ている状態です。

解決策として:
①症状が安定している患者様は、できるだけ家庭医となる開業医・診療所で治療をしていただく。
②救急患者様以外は、まず近くの開業医・診療所を受診していただき、必要に応じて担当医に紹介状を書いてもらい当院に受診していただく紹介制外来を導入しました。

今後市立病院として【救急患者様への迅速な対応】【開業の先生では対応しづらい患者様の治療】に専念してまいります。

その他の脊椎疾患症例





その他の上肢疾患症例


上腕骨骨折


上腕骨骨幹部骨折に対して、骨折部のずれが大きい場合などは、手術を施行することがあります。プレートや、髄内釘などで固定します。



前腕骨骨折



鎖骨骨折



伸筋腱断裂


包丁で手の甲を切ってしまって、指を伸ばせなくなってしまったなどの症状は伸筋腱断裂の可能性があります。この場合は、腱を縫合する手術が必要になります。


また、関節リウマチの患者様は、腱が骨のでっぱりや、滑膜の炎症によって、自然に切れてしまうこともあります。このような場合は、切れていない腱を使って伸筋腱を再建し、変形した関節を形成しています。また、滑膜炎をほうっておくと、さらに腱が切れてしまう場合があるので、滑膜切除術も合わせて行っています。



鏡視下腱板縫合術


肩の痛みがある場合、または肩が挙らない場合に、MRIなどの検査を行うと、腱板断裂が原因であることが分かることがあります。肩の痛みのために夜間に目が覚めてしまうような人でも、手術によって疼痛がなくなることが期待できます。



従来は大きく皮膚を切開し筋肉を痛めて手術をしていました。当院では、関節鏡による手術をしていますので、1cmほどの小さな傷を数カ所つくるだけで、切れた腱板を縫合するなどの手術をすることができます。傷が小さいので術後の痛みも少なくてすみます。



五十肩だからと思ってあきらめている方でも、MRIなどの検査で腱板断裂が見つかり、治療を受けて痛みがなくなっている方も多くいらっしゃいます。肩の痛みにお困りの方は、当院にてまず検査を受けてみることをお勧めします。


手根管症候群


親指、人差し指、中指、薬指の半分がしびれている人は、手根管症候群の可能性があります。これは、正中神経という神経が、手首の手根管とよばれる場所が狭くなって、締めつけられていることによるものです。当院では詳しく検査をした後に、適応のある人には手根管開放術などの治療を行っています。

その他の下肢疾患症例





大腿骨顆部・顆上部骨折(関節内骨折)[膝関節内骨折]


膝関節内骨折は骨折治療の中で最も治療が困難な骨折です。
このような場合、できるだけ正確に関節面の骨折部を元の状態に戻す必要があります。術後の疼痛、関節拘縮、関節の不安定性を防止する為には、骨折に伴う関節の変形、不安定性、関節軟骨表面の損傷変形などに対しての正確な整復と固定が不可欠だからです。粉砕の程度が強ければ強いほど困難さが増します。1mmでもズレがあると、関節機能のバランスが崩れ、結果として関節機能(滑らかに曲げたり伸ばしたりが可能)が損なわれることになります。



大腿骨転子部骨折(骨折観血的手術)


PAGE TOP