診療科・各部門について

緩和ケアとは

がんなどの病気の進行や治療にともなう、身体や心の苦痛を和らげるための医療で、患者さんとご家族を対象とします。

当院の緩和ケアチームは

 

担当科とは別に、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士・医療相談員(メディカルソーシャルワーカー) から構成され、担当医や病棟看護師と協力しながら、患者さんやご家族のさまざまな苦痛を和らげることに努めています。

以下は実際の活動例です。

  • 一週間に一度回診します。病状によっては各メンバーが不定期に病室に伺うこともあります。
  • 担当医と協力し痛みを取り除くための治療を行います。
  • 内服薬や点滴・注射について、薬剤師がわかりやすく説明し、問題となる副作用をチェックします。
  • 基本的な動作や体力を維持するために、理学療法士が体調に合わせてリハビリを行います。
  • 食事に関して栄養士が直接お話をうかがい、体調に合ったメニューを工夫します。
  • 退院後の介護や経済的な問題などについて、医療相談員がご相談にのり対応いたします。

緩和ケアを開始する時期については、何らかの苦痛が持続する時が望ましいとされています。緩和ケアチームの診察を希望される方は、担当医または病棟の緩和ケア担当看護師にお尋ねください。

PAGE TOP