診療科・各部門について

スタッフと専門領域

医師名 出身大学 医師免許取得年 専門領域・資格等

科長
坂元隆一
浜松医科大学 昭和57年

・日本リハビリテーション医学会
 指導医・専門医・認定臨床医
・日本静脈経腸栄養学会 代議員・学術評議員・認定医
 NST 専門療法士教育認定施設指導医
・厚生労働省認定
 義肢装具等適合判定医師
・日本リハビリテーション栄養学会
 東海支部顧問
・日本心臓リハビリテーション学会
・日本骨粗鬆症学会 認定医
・日本脳卒中学会
・日本高次脳機能障害学会
・日本義肢装具学会
・日本医師会認定産業医
・介護支援専門員
・福祉住環境コーディネーター2級
・身体障害者福祉法診断担当指定医師
・A型ボツリヌス毒素製剤施用医師
・日本プライマリ・ケア連合学会  
 認定医・指導医
・日本老年医学会
・日本病院総合診療医学会
 認定病院総合診療医

医師
清河國仁
帝京大学 平成20年 ・日本リハビリテーション医学会
・日本静脈経腸栄養学会
・TNT 研修修了
・A型ボツリヌス毒素製剤施用医師
非常勤医師
原木弥生
山梨医科大学 平成5年 ・日本リハビリテーション医学会
 指導医・専門医・認定臨床医
・日本静脈経腸栄養学会
・A型ボツリヌス毒素製剤施用医師
リハビリテーション技術科 療法士 理学療法士 15名
作業療法士 9名
言語聴覚士 6名(非常勤1名)
急性期・外来担当 療法士 理学療法士8名 作業療法士5名 言語聴覚士3名
回復期担当 療法士 理学療法士3名 作業療法士3名 言語聴覚士2名
地域包括ケア病棟担当 理学療法士3名 作業療法士1名 言語聴覚士1名

付記
脳血管疾患等リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
運動器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)
静岡県地域リハビリテーション支援センター
日本リハビリテーション医学会研修施設

途切れのないリハビリテーションの提供

リハビリテーション科・技術科では、科長 坂元医師の指導のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による訓練を入院及び外来患者様に対して行っています。
総合病院であるため、対象は脳血管・整形外科疾患のみならず、その他内科系疾患全般が対象となっています。

平成14年にはリハビリテーション専門の回復期病棟を開設し、急性期・回復期と継続した全人的な専門医療、専門リハビリが実施可能となりました。身体機能障害により在宅復帰が困難な患者様に対しては,急性期病棟での治療後、回復期病棟にて集中的なリハビリを行います。

また、平成27年度から開設された地域包括ケア病棟においては専従療法士を配置し、地域のケアマネージャー・介護保険関連施設との連携を強化しています。

在宅復帰後もQOL(生活の質)を維持・向上できるよう退院前に、セラピストがお宅に伺い,住環境評価・介助指導等も行います。

急性期・回復期リハビリテーションの違い

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のお仕事

訓練を担当する療法士の業務内容をわかりやすく説明します。

理学療法士(PT)とは?
作業療法士(OT)とは?
言語聴覚士(ST)とは?

リハビリテーション技術科 訓練室紹介

療法士が行う訓練室を紹介します。

理学療法室 作業療法室 言語聴覚室 物理療法室 水治療法室

PAGE TOP