読みもの

患者さんのための機関誌「きよかぜ」

皮膚科 横山知明

 体や腕・脚にできる「しこり」には様々な種類がありますが、今回はその中でも最も多くみられる「粉瘤」のお話をしたいと思います。

粉瘤とは?

 粉瘤は、皮膚の下に皮膚で裏打ちされた袋状のものができて、中に垢や皮脂が溜まる病気です。粉瘤の表面をよく見ると中央近くに小さな穴が開いています。その穴は袋の中とつながっています。時々その穴から白いバターのようなものが出てきたり、臭い汁が出てきたりすることがあります(くれぐれも面白がって押さないようにしてください!炎症の原因になります)。粉瘤について、よく「脂肪のかたまり」と呼ばれることがありますが、これは誤解なのです。「脂肪のかたまり」は脂肪腫というまた別の病気になります。

 

粉瘤は最初ちいさなしこりとして発症しますが、徐々に大きくなっていき、長期間成長した場合は10cm以上の大きさになることもあります。大きくなればなるほど治療(手術)も大変になるので、早めに治療することをお勧めしています。

粉瘤は通常は痛みはありません。痛みがある場合は次に述べる炎症性粉瘤の状態になっている可能性があります。 

 

炎症性粉瘤

皮膚の下で袋が破けてしまい、周囲に中身が漏れ出して炎症を起こすことがあります。違和感や痛み、赤み、熱っぽさなどの炎症症状が見られます。このような状態を「炎症性粉瘤」と呼び、この状態になってから病院に駆け込んでくる患者さんも多いです。炎症性粉瘤に対しては、局所麻酔をしてから切開して、中にたまった膿や垢成分を掻き出す処置を行います。処置後は自宅で洗浄、軟膏外用等の処置を続けていただきます。1−2週間で切開した傷は塞がりますが、多くの場合は後日根治的手術が必要になります。

 

粉瘤の診断

 粉瘤の診断は先に述べたような見た目の症状(視診)、触ったときの硬さや動き(触診)で総合的に判断しています。しかし皮膚にできるしこりは粉瘤以外にも多種多様ありますので、当院では診断に正確を期すために超音波検査(保険適応)を実施しています。超音波検査は受診当日に実施可能で、結果もすぐに出ます。超音波検査で診断がはっきりしない場合は、MRI検査(後日予約)を追加で行うこともあります。

 

粉瘤の手術治療

 粉瘤は良性の出来物ですが、放っておいても決して治らないので、手術が必要になります。手術では粉瘤の表面の穴の部分(へそ)と袋をまとめて切除します。当院では局所麻酔、日帰りの手術(毎週水・金午後)で行っています。通常の場合は、ヘソを含むように紡錘形(ラグビーボール状)にメスで皮膚を切って、そこから皮膚の下の袋の部分を取り出します。切った部分は糸で縫い閉じます。粉瘤の大きさと同程度の長さの線状の傷が残りますが、徐々に目立たなくなっていきます。手術時間は20−30分程度です。

粉瘤 図2

へそ抜き法(くりぬき法)

 へそ抜き法(くりぬき法)は粉瘤に対する低侵襲手術として最近注目されている方法です。粉瘤の表面の穴の部分(へそ)を直径4mmほどの丸いパンチ型の刃物でくり抜いて、そこから袋を取り出します。穴の部分は軟膏処置で自然に治すか、巾着縫合という特殊な縫い方で塞ぎます。手術時間が短時間(10分程度)ですみ、傷跡も目立たなく治すことができます。ただし、以前に炎症を起こしたりで癒着が強い場合や、粉瘤のできた場所・大きさによってはへそ抜き法を行えないことがありますので、担当医とご相談ください。

粉瘤 図3

当院では年間80件程度の粉瘤手術を行なっています。手術治療はいずれも保険適応ですが、場所や大きさによって費用が変わりますので、外来でご相談ください。

PAGE TOP