読み物

病気のお話し

2013.12.26
   清水病院の循環器内科は、私以下3名で診療にあたっております。  私どもは神奈川県の北里大学から派遣されており、赴任して今年で7年目になります。カバーできる範囲は限られていますが、地域の皆様に貢献できるよう日々努力さ ... 続きを読む

2013.11.20
 冬になると増えてくる皮膚トラブルの代表が乾燥肌です。人間の皮膚は本来、皮脂や天然保湿因子によって水分を保つ働きをもっています。しかし、高齢者やアトピー性皮膚炎の患者さんでは、この働きが弱くなり皮膚が乾燥しやすくなってい ... 続きを読む

2013.10.28
 IPS細胞を使った臨床研究が初めて可能になった疾患として、加齢黄斑変性症がテレビや新聞等でも話題に挙げられることが多くなってきました。欧米では、成人の失明原因第1位で、最近、我が国でも緑内障や糖尿病網膜症についで第3位 ... 続きを読む

2013.09.28
 ガン患者さんの中には抗がん剤や放射線治療を受けている方も多く、治療により唾液腺がダメージを受けることで、唾液量が低下し口腔内が乾燥、傷つきやすくなります。  お口の中がスッキリしない、痛み、喉のつかえ感は食欲の低下や食 ... 続きを読む

2013.08.03
現在、日本人の8人に1人は糖尿病またはその予備軍といわれ、日本人の国民病と言っても過言ではありません。糖尿病にかかると、男女とも10年以上寿命が短くなっており、糖尿病は老化を早め、命を縮める病気といえます。 一方、歯周病 ... 続きを読む

2013.07.06
糖尿病は、健康的な食生活(Diet)と適度な運動(MoreExercise)によって、予防や治療が可能な病気ですが、放置すると眼・腎臓・神経などに最小血管合併症を引き起こし、また脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化症も進行させ ... 続きを読む

2013.06.08
昨年の5月に沖縄県立八重山病院から静岡市市立清水病院に勤務となりました。前勤務先は、人口5万人程度の島ですが、分娩数は年間650件程と多く、輸血の備蓄量に限界があり、搬送するにも航空機やヘリコプターを使わなければならない ... 続きを読む

2013.04.13
この4月より院長に就任しました。私が清水病院に赴任したのは、旧清水市が旧静岡市と合併する直前の平成15年3月でした。その後10年間、脳神経外科科長として勤務してきました。 当院は清水区の基幹病院であると共に、災害拠点病院 ... 続きを読む

2013.03.09
貧血についてお話します。朝礼などで立ちくらんで倒れたりすると「貧血が起きた」などと言いますが、医学的には貧血ではありません。貧血とは「酸素を運搬する能力が低下した状態」のことを言います。息を吸うと肺まで酸素が入ってきます ... 続きを読む

2013.02.09
がんに対する3大治療法というと、手術療法、放射線療法、化学療法を指します。化学療法とは抗がん剤を使って治療することです。今回は、近年、手術の発達に負けず劣らず進歩している化学療法について述べます。 私たち外科では、がんの ... 続きを読む

2013.01.01
がんによる死亡者数は年間約37万人ですが、その中でも「肺がん」は最も多く7万人となっており、性別でみると、男性が5万人に対し女性が2万人と、男性が7割以上を占めています。 日本では、人口の高齢化とともに肺がんの患者数が年 ... 続きを読む

PAGE TOP