読み物

病気のお話し

2008.11.08
今年4月から、麻疹、風疹のワクチンの制度が変わったのをご存じですか。 1歳(1期)、小学校入学前1年間(2期)に加え、5年間限定で中学1年生(3期)、高校3年生(4期)が加わりました。 2007年、麻疹が若者を中心に流行 ... 続きを読む

2008.10.11
インフルエンザは流行性感冒(流感)とも呼ばれる有名な病気の一つですが、しばしば風邪と混同されます。風邪は、鼻汁、くしゃみ、のどの痛み、咳、痰などの症状が中心となり、3~4日程度で改善の傾向が見られます。一方、インフルエン ... 続きを読む

2008.09.27
クリニカル・パスとは入院から退院までの過程を明確に示す治療計画書のことで、現在多くの病院で導入されており、それに従って患者さんの治療が行われています。入院時に1枚のクリニカル・パスが手渡され、患者・医療者がこれから行われ ... 続きを読む

2008.09.13
「急にのぼせるように暑くなる」「だるくて何にもやる気が起こらない、いつも楽しめていたことが楽しくない」「頭が重い、めまいがする」。40歳前半から50歳前後の閉経期にかけて、エストロゲンという女性ホルモンの量が少なくなると ... 続きを読む

2008.07.12
消化器系悪性腫瘍の代表である胃がんは、近年減少傾向にありますが、未だ男女とも死因の第二位にあります。一口に胃がんと言っても、発見時の進行度で治療法は異なります。 リンパ節や他臓器に転移を有する進行がんは、外科手術と抗がん ... 続きを読む

2008.05.24
このたび静岡市立清水病院と清水医師会が共催で、公開市民講座を企画しました。情報化時代になり、新聞、雑誌、テレビなどのマスコミだけでなく、インターネットなどで、健康、医療に関する情報が、洪水のように提供され、まさしく玉石混 ... 続きを読む

2008.04.12
医師不足は多くの病院で問題となっており、病院によって診療科の休診、病棟の閉鎖も日常的となっています。なぜこのような事態が起こるのでしょうか。 平成16年度から卒後臨床研修制度が始まり、国家試験に合格した医師は2年間の臨床 ... 続きを読む

2008.01.26
病院機能評価では、その時代に最もふさわしい病院のあり方が第三者機関により評価されます。申請方式であるため必ずしも評価を受けなくてよいのですが、県内では30%の病院が認定を受けています。時代にふさわしい病院であるための評価 ... 続きを読む

PAGE TOP