読み物

病気のお話し

2005.10.22
健診センターで行う人間ドックは、世界の中でも日本はもっとも発達した健康を守るシステムです。 近年は癌・心筋梗塞、脳卒中が主な死因になっていますが、とくにこれらの予防、早期発見にドックの果たす役割は大きいものがあります。 ... 続きを読む

2005.10.08
皆さんは薬がどのようにしてできるのかご存知ですか? 新薬の開発にはいろいろな過程があります。製薬会社では病気の治療に効果がありそうな「くすりの候補」が見つかると、まず化学実験や動物実験を行い、有効性と安全性を確認します。 ... 続きを読む

2005.09.24
乾性角結膜炎というと聞きなれないかもしれませんが、「ドライアイ」という言葉は聞いたことがあると思います。涙の質や量が低下した状態を、「乾性角結膜炎」といいます。 原因としては年齢や、環境、仕事などが挙げられます。年齢を重 ... 続きを読む

2005.07.30
リハビリテーションの意味は、「再び人間として相応しい状態にすること」と言われています。しかし、この言葉の意味するところは、「動かない足を“元通り”にする」ことではありません。残念ながら「リハビリテーション」では、以前と同 ... 続きを読む

2005.07.06
排尿の状態を客観的に判断できる尿流量測定検査の事をご存知でしょうか?  男性なら小学生ぐらいまでは、友達と「飛ばしっこ」などで他人と比較も出来たでしょう。ところが、排尿の異常が見られるような年齢になる中年以降では、知らず ... 続きを読む

2005.06.04
私が脳神経外科診療科長として清水病院で診療を始め、2年が経過しました。私は脳神経外科認定医、日本救急学会専門医としてこれまで2500例以上の手術を手がけ、クモ膜下出血の手術は約600例、手術にいたらなかった患者さんも含め ... 続きを読む

2005.03.19
血管外科という診療科を皆さんご存知でしょうか。心臓血管外科とは異なり、末梢の血管病変(動脈、静脈、リンパ系等)を専門に扱う診療科のことです。従来、血管病変を専門に扱う診療科は日本では少なく、血管外科自体も一般の方にはあま ... 続きを読む

2005.03.15
ドライマウス(口腔乾燥症)はドライアイとともに高齢の方を中心に近年急増している疾患です。ところで唾液は1日にどのくらい分泌されるかご存知でしょうか。意外に多く、1日に1リットルといわれています。 通常、口の中は、唾液腺で ... 続きを読む

2005.01.22
C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの持続感染により長期間にわたり肝臓の細胞が破壊されて肝臓の機能が低下する疾患で、放置しておくと肝硬変や肝癌に進行します。現在、わが国には200万人から300万人のC型肝炎ウイルス感染者がい ... 続きを読む

PAGE TOP