読みもの

病気のお話し

 高齢化が進む現代社会において、これからは病気と共存しながらQOLの維持向上を目指す医療になります。そのために、静岡市でも地域包括ケアシステムの構築を進めています。
 当院も地域医療支援病院として、地域医療の介護の関係機関や施設と連携し、退院調整に関わってきました。
 今回開設した入退院支援センターは、地域での生活者から患者となり、また生活者へ不安なく戻れるための支援をします。その一つは、入院前(入院が決まった日)から面談情報を得て、入院に対する心配や不安の軽減、入院による機能低下の予防に関することを病棟や関連部署に伝達、連携しています。もう一つは、入院中の患者さんの退院を困難・不安にしている問題に対して病棟からの相談を受け、院内の多職種の力を借りて解決していくことです。
 退院後の生活は患者さん自身が決めることです。患者さんが自分の意思で決めるために、専門職としてアドバイスや情報提供することが私たちの役割です。
 不安や心配のある方は遠慮なく近くの職員に相談して下さい。

PAGE TOP