読みもの

病気のお話し

 へバーデン結節は指先から1番目の関節(DIP関節)に起こる変形性関節症の一つです。人差し指から小指まで、全ての第1関節で症状がでることがあり、痛みや腫れで物をつまんだり、手を強く握ることが難しくなります。また第1関節の近くに関節炎による水ぶくれ(粘液のう腫)ができることもあります。
 原因は軟骨がすり減ることですが、すり減る原因は手指の場合、下肢と違い負担がかかることは少ないので不明のことが多いです。40才を過ぎた女性に多くみられます。指の関節が痛んでくる病気で関節リウマチは有名ですが、へバーデン結節は第1関節に症状が現れるため主に第2、第3関節に症状を示す関節リウマチと違うので見分けることはそれほど難しくありません。
 治療は原則保存療法です。皮膚に赤みがあったり、熱をもって痛みが強い急性期は冷湿布、消炎鎮痛剤の内服をします。手術以外の方法で、関節の変形を矯正する方法はありません。しかし、テーピングで変形の進行をできる限り抑えたり、関節を圧迫することで粘液のう腫を消失させることは可能です。

整形外科科長 栩木弘和

PAGE TOP