読みもの

病気のお話し

 皆さんのなかで「おたふくかぜ」という病気を知らない方はいないでしょう。「こどもの病気」「一度感染して免疫をつけてしまえばよい」といった認識の方もいるかと思います。確かに、おおごとにならずに済むことが一般的ですが、意外な落とし穴が多いことはあまり知られていません。
 発症者の1割弱に髄膜炎(脳や脊髄を覆う膜への感染)を認め、高熱・激しい頭痛・繰り返す嘔吐がしばらく続きます。0.3%弱ですが脳炎(脳そのものへの感染など)もあります。合計すると「おたふくかぜ」での死亡例は10,000例あたり1~3例とされています。
 他の一般的な合併症として、感染者1,000人のうち1人に難聴がみられます。片側のことが多いですが、時に両側の難聴となります。
 対抗策はワクチンです。1歳と小学校入学前1年間の2回接種が勧められています(任意接種)。接種後に一時的な発熱や耳下腺の腫脹等を認めることはありますが、心配になるような悪影響は通常の感染に比べればよっぽど低頻度です。
 後悔する前に予防接種を受けておくことをお勧めします。

小児科長  西田 光宏

PAGE TOP