読みもの

病気のお話し

 一日中涙があふれてしまう症状の方がいます。原因の一つは目頭から鼻に抜ける排水路が詰まることでおきる、「鼻涙管閉塞症」です。排水路が詰まることで涙が排出できず、目の縁から絶えず涙があふれ出してしまいます。また、感染を起こしやすくなり、目やにが出て、結膜炎を起こし、目が充血しやすくなります。ひどい場合は、涙嚢炎といって眼の内側の袋の部分に炎症を起こし、膿がたまって顔が腫れるような感染を起こすこともあります。

 鼻涙管閉塞症は、生後まもなくから流涙が見られる先天性のものと、高齢になってから起こる後天性のものがあります。
 先天性のものは、涙嚢マッサージなどで1才までに9割程度自然治癒すると言われています。後天性のものは、涙嚢ブジーといって金属の棒を入れて閉塞を治し、その後シリコンチューブを数ヶ月入れて再閉塞を抑える方法があります。治りにくい場合は、外科的に手術を行うこともあります。

 涙が出る症状には涙管閉塞症以外にも、抗癌剤の副作用による涙点閉鎖、涙小管閉塞など様々あります。
 涙にお困りの方は一度眼科で検査を受けていただくことをお勧めします。

眼科科長  長田 康介

PAGE TOP