読みもの

病気のお話し

 「市民健康講座」を7月25日(土)13時30分から、清水ふれあいホール(清水区役所)で開催します。
 今回のテーマは「認知症」。認知症高齢者は全国で約462万人(2012年現在)いるとされ、厚生労働省の推計では2025年に65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるとさえいわれます。

 認知症になられた人、また介護をなさっているご家族を支援していくためには、医療だけでなく、福祉や介護の観点からの関わりが重要であり、地域社会全体で支えていく仕組みづくりが求められます。

 今回、認知症支援の課題・方策について立場の異なる3名の講師がお話します。
◇講演 「認知症/早くみつけて適切な治療を」
     静岡市立清水病院 副病院長・神経内科医 畑隆志

    「認知症のある方の気持ちを考えたケア」
     静岡市立清水病院 認知症看護認定看護師 鈴木美佳

    「認知症を知ることで地域のみんなができること」
     講師:(福)静岡市社会福祉協議会 社会福祉士 安藤千晶

 どなたでもご参加(入場無料)いただけますが、事前申込が必要となりますので、ご希望の方は静岡市コールセンターまでお申込みください。

【申込】申込期間:7月8日(水)~22日(水) ※定員になり次第終了
    申 込 先 :静岡市コールセンター ☎200-4894

【定員】先着260名

副病院長 畑 隆志

PAGE TOP