読みもの

病気のお話し

 肺炎は日本人の死因の第3位で、死亡者の約95%が65歳以上です。肺炎の原因となる細菌やウィルスは日常生活の場に存在し、からだの抵抗力が弱まったときなどに肺に入り感染し、肺が炎症を起こします。これが「肺炎」です。

 肺炎の症状は発熱・咳・痰などですが、特に高齢者ではこのような典型的な症状がなく、倦怠感や食欲不振のみの場合もあります。
 肺炎の治療は原因となっている菌を死滅させる抗菌薬が主体ですが、高齢になると急激に症状が進行して抗菌薬が効かないこともあります。このため肺炎にかからないための予防が大切になります。

 まずは、肺炎の原因菌がからだに入り込まないようにうがいや手洗いなど、毎日の感染予防が大切です。また、日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのが肺炎球菌ですが、肺炎球菌にはワクチンがあります。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎を予防し、重症化を防ぐため、65歳以上の方には接種が勧められています。
 平成26年10月から、65歳以上の5の倍数の年齢の方に接種費用の一部を公費で負担する定期接種も開始されておりますので、ワクチンの接種を受けてみてはいかがでしょうか。

呼吸器内科 医長 芦澤洋喜

PAGE TOP