読みもの

病気のお話し

 医療情報をわかりやすく提供し、市民の皆様の健康増進、疾病予防に役立てていただくため、「市民健康講座」を開催します。
 今回は3月14日(土)14時から、清水ふれあいホール(清水区役所3階 旧議場)で開催し、テーマは「大腸がん」です。日本では女性のがんの死亡率の1位を占め、2020年には男性でも2位に上昇すると予想されています。内容は大腸がんの検診と治療について、3名の講師が解説します。

【講演1】「大腸がん検診について」
     講師:浅野医院(清水区木ノ下町) 浅野 健 医師
      大腸がんの早期発見のためには検診を受けることが重要

【講演2】「大腸がんの診断と内視鏡的治療について」
     講師:清水病院消化器内科科長 窪田 裕幸 医師
      早期の大腸がんの多くは内視鏡治療で治ります

【講演3】「大腸がんの手術と化学療法について」
     講師:清水病院外科科長 東 幸宏 医師
      大腸がんの手術は、近年めざましく発達し、腹腔鏡手術の割合が増しています

 昨年の12月にタレントの清水国明さんによる開講記念講演会を開催し、好評を頂きました。今回もぜひお気軽に聴きにきてください。

 

◇市民健康講座の詳細はこちらをご覧ください◇

消化器内科 科長 窪田裕幸

PAGE TOP