読みもの

病気のお話し

 昨年秋に清水病院に漢方外来が開設されました。静岡市内の公的病院で漢方外来があるのは、現時点では当院だけです。
 現代医療のなかで漢方が使われるのは、主には次のようなケースです。

①現代医学ではっきりした診断がつかない場合
②診断はついているが、よい治療法がない場合
③現代医学的治療の副作用の予防・治療、治療後の体力回復
④多臓器・多系統にわたる疾患
⑤病気の予防・体質改善

 症状はあるが診断がつかない、現代薬がいまひとつ効かない等でお困りなら、一度漢方を試してみてはいかがでしょうか。処方する漢方薬は、すべて健康保険の適用となります。診察は月曜日から木曜日の午後に行っています。
 治療はエキス製剤と生薬末のみで、煎じ薬、鍼灸には対応しておりません。

 診療の流れとしては、まずお話を伺います。その後、脈、舌、お腹をみて漢方薬を処方します。外来でお薬を飲んで20分程度待っていただき効果を確かめることがあります。
 初診の場合、診察には30分程度かかります。必要に応じて血液検査、画像診断などの現代医学的検査を行うこともあります。

 

【お問い合わせ】
 054-336-1111(内線2050)

漢方専門医 尾崎正時

PAGE TOP