読みもの

病気のお話し

 当院では、尋常性乾癬や尋常性白斑、掌蹠膿疱症、円形脱毛症、結節性痒疹、アトピー性皮膚炎などの難治性の皮膚疾患に対して紫外線を照射する光線治療を行っています。
 紫外線は波長の長い順にUVA、UVB、UVCに分けられますが、この中で治療に利用するのは前二者となります。当院ではナローバンドUVBとUVAの全身照射型紫外線治療器を併置しています。さらに、全国でも数施設しかない、外来通院でのPUVA-bath療法が可能な入浴施設を有しています。これは、光線治療の効果を高めるオクソラレンと言う薬液を満たした浴槽で入浴していただいた後にUVAを照射する治療法で、特に菌状息肉症など全身に皮疹を生じる病気に有効です。
 掌蹠膿疱症など、手足に病変がみられる疾患でも、薬液に手足を浸していただいた後に光線を照射する治療を行っています。
 難治性の円形脱毛症に対しては、PUVA-ターバン療法を行っています。薬液を浸したタオルを頭部に巻いていただき、薬液を頭皮に浸透させてから光線を照射します。
 この様に、個々の疾患、部位に合わせたオーダーメイド治療を行っていますので、是非ご相談ください。

皮膚科医長 横山知明

PAGE TOP