読みもの

病気のお話し

 眼瞼下垂とは、まぶたが下がって物が見えにくくなる状態です。
 生まれつき症状がある「先天性眼瞼下垂」と、年齢を重ねてから症状がでる「後天性眼瞼下垂」があります。

 後天性眼瞼下垂の患者さんの多くは、加齢によりまぶたの皮膚がたるんだり、まぶたを開く筋肉が伸びたり、ゆるんだりすることによって、もともと普通に開いていたまぶたが徐々に下がってきた状態がみられます。ハードコンタクトレンズを長期装用している方に生じることもあり「眼が細くなった、視野が狭くなった」という症状だけでなく、「肩こりがする、頭痛がする」などの不定愁訴を生じることがあります。
 まれに動眼神経麻痺や重症筋無力症などの神経の異常によって眼瞼下垂が起こることもあり、神経内科や脳外科での検査や診療を受けて頂くこともあります。

 加齢による皮膚や筋肉のたるみやゆるみによる眼瞼下垂は手術により治すことができます。
 眼瞼下垂症手術は、保険が適用され局所麻酔で日帰りの手術で行うことができます。術後腫れが引くと、視野が広がり目が大きくなった印象となります。

 当科では患者さんの症状に合わせ、適切な治療をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

形成外科 荒牧典子

PAGE TOP