読みもの

病気のお話し

思春期は将来ママになれるように体をつくる大事な時期です。この時期にちゃんと月経がくることは非常に大切で、一生その恩恵を受けることになります。月経は女性ホルモンによって起こり、その分泌状態を反映しています。女性ホルモンは子宮・乳房・骨・血管・皮膚・脳等全身に作用し、その分泌の不具合により様々な症状を引き起こします。月経不順、月経が来ない、月経痛、月経が長引く、量が多い、月経周辺の頭痛・イライラ・吐き気・にきび等の症状はありませんか?ダイエット等による痩せ過ぎが女性ホルモン分泌を低下させ、女性としての成長や骨の強さ、妊娠や赤ちゃんの体質までその影響が及ぶ可能性があることも知っておいてください。

さて、女性ホルモンをうまく活用すると月経を軽くしたり、旅行や試験に重ならないよう月経をずらしたりできることをご存知ですか?月経を負担に思う必要はありません。また、特に若年層に注意が必要な感染症があります。不妊症の原因となりうるクラミジア、子宮頸癌の原因となりうるHPV等です。子宮頸癌は進行すると子宮摘出が必要になり妊娠できなくなります。いずれも若年層の感染症率が高く無症状が殆ど。

月経の大切さを見直し、このような知識を踏まえて人生を謳歌して下さい。

PAGE TOP