読みもの

病気のお話し

「疼痛=pain」は、誰にとっても苦しみ以外の何物でもありません。特に慢性の頭痛持ちの方にとっては大きな問題です。実際に頭痛がひどい時、あなたはどんな対応をしていますか。睡眠をとる、入浴する、指圧に行く、体操する・・・何れも間違っていませんが、実際には多くの方が鎮痛剤を使用しています。これは正しい判断と思われますが、鎮痛剤への過信は禁物。なぜなら鎮痛剤の過剰投与で頭痛が悪化することもあるのです。

これを「薬物乱用頭痛(Medication-overuse headache))といいます。片頭痛の特効薬として専門医から処方されるトリプタン製剤などばかりではなく、一般的に処方される、あるいは薬店でも販売されている非ステロイド系解熱鎮痛薬(NSAIDs)も原因となります。

病初期は典型的な片頭痛や緊張型頭痛の方のなかに治療経過が長くなると薬物乱用頭痛に移行し、薬剤が切れると耐えられない頭痛に対しさらに薬を飲む患者さんが少なからずおられます。こうなると大変です。詳しくは頭痛専門医へご相談下さい。痛み止めは必ずしも安全とはいえませんので、皆さんに正しい服用方法を知って、守っていただくことが大切です。

神経内科 医長 堀 真

PAGE TOP