読みもの

病気のお話し

「おしりから出血する」という症状で肛門外来を受診する方の多くの原因が痔核(いぼ痔)です。痔核の多くは外用薬や止血剤の投与で軽快し、手術を必要としませんが、腫れ上がった痔核が脱出して押し戻さなければ戻らない場合、外用薬や止血剤の投与でも脱出や出血が改善しない場合など手術による治療をお勧めします。

手術は昔ながらの結紮切除術(脱出や出血の原因である痔核を切除する)が一般的ですが、近年になり注射による治療も普及してきています。腫れ上がった痔核の4ヶ所に注射を行って痔核を消退させてしまおうという治療です。この治療は切除することに比べて痛みが少なく、入院期間も短くてすむなどという利点があります。しかし、あまりに大きい痔核や脱出したまま戻らない痔核などには適した治療とはいえず、その場合はやはり結紮切除術を行うのがよいかと思います。

当科では大きな痔核は切除して小さな痔核は注射で治療するという両者組み合わせた治療も取り入れています。また「おしりから出血する」原因が痔核からの出血ではなく大腸癌等からの出血のこともあり、場合により大腸内視鏡をおすすめしています。

外科科長 東 幸宏

PAGE TOP