読みもの

病気のお話し

男性のみにある前立腺は膀胱のすぐ下にあり、尿道をドーナツのように囲んでいます。大抵50歳を過ぎた頃から肥大して大きくなり、肥大した前立腺は尿道を圧迫して狭くします。

そうすると尿の勢いがなくなる、尿が細くなる、排尿に時間がかかる 、排尿の回数が増える(頻尿)、夜中に何回もトイレに起きる(夜間頻 尿)、残尿がある(残尿感)、おなかに力を入れないと排尿できない等 様々な症状がみられます。さらに進行すると尿閉(尿が殆んど出なく なる状態)となり、尿道にカテーテルを入れて強制排尿しなければなりません。

前立腺肥大症の治療法には薬物療法と手術療法があります。まず薬物療法で治療することが多いですが、薬物療法で症状の改善があまりない場合には手術による治療が必要になります。前立腺肥大症に対する手術は経尿道的前立腺切除術(TUR-P)と呼ばれる方法で、内視鏡で見ながら行うためお腹に傷はつきません。また、同様に内視鏡で行うHoLEP(ホーレップ)というレーザーを使って肥大した前立腺を切り離す方法もあります。

前立腺肥大症の症状に心当たりのある方は、ぜひ一度泌尿器科を受診してみて下さい。

泌尿器科 新田正広

PAGE TOP