読みもの

病気のお話し

ひと昔前まで歯が失われると隣り合わせの歯を削りブリッジという繋げた歯を作るか、入れ歯をいれる治療が主流でした。けれど天然の歯を削ってまで噛み合わせを直したり、入れ歯の違和感が強かったりと不都合を感じられている方は沢山いらっしゃると思います。

日々の食事を美味しく味わい、会話を楽しみ、心から笑う。これらの当たり前のことも歯に不都合を感じると毎日を楽しく過ごせなくなってしまいます。このような方に対して歯科インプラント治療をお勧めします。
インプラントは医学用語で「植立する」という意味です。歯が失われた場所の骨の中に歯根の代わりとなる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を被せて噛み合わせを作り直す最新の治療法です。しっかりと顎の骨に固定されることで、自分の歯の様に噛め、見た目もほぼ自分の歯の様に自然に出来上がるので、人前でも口元を気にせず笑ったり食事をしたりできます。

当院は歯科インプラント治療へ積極的に取り組んでいます。治療を受けるにあたり歯科医師の十分な診査・診断が必要です。詳細は、当院口腔外科外来までお問い合わせ下さい。

口腔外科医長 木村彩

PAGE TOP