読みもの

病気のお話し

脊髄神経は脊椎の中(脊柱管)を通って腰椎(馬尾神経)へ達 し、腰椎から枝分かれし下肢へ走行します。そのため椎間板が 突出し神経を圧迫すると腰痛だけでなく下肢痛や痺れなどが出現します。安静、内服薬などで改善しない場合、手術を行うこともあります。従来は大きく皮膚を切開し手術をしていましたが、当院では内視鏡による小さな傷で行っています。

脊椎内視鏡は1997年にアメリカで開発された手術法で、日本国内ではまだ普及していません。手術は約20mm皮膚を切開し、直径18㎜の内視鏡を挿入し、脊椎に到達します。内視鏡を通して映し出される画像をテレビモニターで見ながら、特殊な手術器械を用いて限られたスペースの中で椎間板ヘルニアの摘出を行います。平均約1時間程度で済み、出血もほとんどありません。皮膚や筋肉のダメージが最小限ですむため、傷の痛みが少なく、早期に社会復帰ができます。術後は翌日からコルセットを装着して歩行可能であることが従来法と比べて大きなメリットです。

詳細は当院整形外科を受診していただくようお願いいたします。

整形外科科長 奥山 邦昌

PAGE TOP