読みもの

病気のお話し

高齢化する社会の中で、皆さんが最も気にかけておられる症状が認知症だと思います。認知症に特効薬はなく、改善がほとんど期待できません。ただ認知症の中にも治療可能なものが含まれています。そのひとつが、歩行障害、認知機能障害、尿失禁を三大症状とする特発性正常圧水頭症です。しかしこの病気は、最近やっとCTやMRIなどの検査での特徴や、診断法に関して確立されつつある状態です。

この病気での認知症の特徴は、自発性が低下し、呼びかけに対し反応が遅くなり、注意力が持続しなくなることです。この症状に歩行不安定と尿失禁を加え三大症状といいます。しかし、三大症状すべてが出現するとは限りません。症状とCT,MRIの検査で、この病気が疑われた場合、腰から髄液を抜き、造影剤を入れる検査をします。この検査で病気の診断と、手術による症状改善の可能性を判定します。

治療は腰椎麻酔で行う腰椎―腹腔シャント手術が一般的に行われます。 この病気での認知症は、治療可能な症状なので、思い当たる症状がある方は、まず脳外科を受診してみて下さい。

副病院長 藤井浩治

PAGE TOP