読みもの

病気のお話し

このたび静岡市立清水病院と清水医師会が共催で、公開市民講座を企画しました。情報化時代になり、新聞、雑誌、テレビなどのマスコミだけでなく、インターネットなどで、健康、医療に関する情報が、洪水のように提供され、まさしく玉石混交の状態といえます。病気を予防し克服するためには、まずその病気を熟知することが重要です。その第一歩は、大量に提供される健康、医療の情報をきちんと整理し正しく理解することから始まります。今回の市民講座では、中高年者を脅かす種々の疾患について、その分野の専門家に分かりやすくお話いただき、市民の皆様が持っている情報を整理し、理解を深めるお手伝いをいたします。

本年は6回の講座を計画しています。埼玉医科大学腎臓内科の鈴木洋通教授や慶応義塾大学客員教授の松岡健平先生をお招きして血圧・脳卒中、糖尿病などの疾患ついて教えていただく予定です。会場は清水ふれあいホールで午後2時からです(開場は1時)。

入場は無料で先着220名といたします。皆様奮ってご参加ください。お問い合わせは清水病院総務課まで。

副院長 畑 隆志

PAGE TOP