読みもの

病気のお話し

脳梗塞の原因となるような心房細動により話題になることのある不整脈ですが、一口に不整脈といっても血圧が下がってしまうようなものから、全く体に害のないものまで様々です。不整脈の原因も様々ですが、血圧を下げてしまうようなとても心拍数を早くする頻脈性の不整脈や、失神や息切れなどを伴うようなとても脈を遅くする徐脈性の不整脈などは治療の対象となります。

治療としては薬物療法、非薬物療法があります。薬物治療は発作の停止や予防、脳梗塞の予防を目標に行います。非薬物療法にはカテーテルによる電気的焼灼術や植え込み型ペースメーカー、植え込み型除細動器などがあります。カテーテル治療は首や足の血管から心臓に細い管を通し、心臓の一部に熱をかける治療ですが、不整脈を焼灼できれば根治に至り薬物治療が不要になることもあります。また、機械的に脈を補充してくれたり不整脈を停止させてくれたりするものもあります。

いずれにせよ心臓突然死を起こしてくる不整脈は、確率としては低いものの確実な対応が必要です。定期検診での異常や、気になる症状を認める場合は是非専門科への受診をお勧めします。

循環器科 医長 平澤正次

PAGE TOP