読みもの

病気のお話し

訪問看護は、主治医の指示のもと看護師等が療養者のいるご家庭を訪問し看護を行う事をいいます。また各種保険(介護保険・医療保険等)に対応し、専門職としての知識と技術をもって療養生活を支えているのが訪問看護ステーションです。では、どのような方が訪問看護を利用するのでしょうか。

疾病・障害をもちご家庭で療養されている方で主治医が訪問看護を必要と認めた方が対象となります。
次に、訪問看護は何をするのでしょうか。健康状態や病状の観察と健康相談、日常生活の援助、医療的な処置、リハビリ、介護者等への介護支援や相談、看取り…と内容は様々です。医師の指示・連携のもと、看護に何を求めているのかを探りながら療養者の方に合った看護を提供しています。

近年、在宅医療推進から「退院調整」の必要性がいわれています。当院でも入院先の病棟に出向き退院時の支援を行い、スムーズに療養生活に移行できるよう活動を始めています。在宅療養に関する悩みや不安がある方、お近くの訪問看護ステーションに相談されてはいかがでしょうか。

訪問看護ステーション副看護師長 加藤夕紀子

PAGE TOP