読みもの

病気のお話し

呼吸器外科では、おもに肺・気管支のほか、左右の肺の間で縦隔と呼ばれる部分や胸壁などの病気を扱いますが、手術の大半は自然気胸や肺がんの患者さんによって占められています。
自然気胸は、肺表面にできた嚢状の病変に穴があいて肺が縮んでしまう病気で、突然胸が痛くなったり、息苦しくなったりして気がつきます。

一般的にやせ型の若い男性にみられますが、喫煙者や高齢者の患者さんも増えています。自覚症状からは心臓病との鑑別が大切ですが、気胸の場合は胸部レントゲン写真で容易に診断ができます。
治療は原則的に入院が必要で、病状により局所麻酔をして胸の中にチューブを挿入し漏れた空気を抜く処置を行います。軽症の場合は簡易式の器具を使用することで通院治療を行うことも可能です。また、自覚症状が強かったり、大きな病変が存在し肺からの空気漏れが続く場合や、以前に気胸と診断されたことがある場合は手術の適応となります。

手術は「胸腔鏡下(きょうくうきょうか)手術」と呼ばれ、全身麻酔下に3ヶ所の小さな皮膚切開で内視鏡を利用して行います。手術時間は30分から1時間程度で、手術の翌日あるいは当日には歩行を開始し食事が取れるようになります。手術後の入院期間は若い方では2、3日程度で、早ければ1週間ほどで軽作業は可能になります。「気胸」と診断された方は、呼吸器科または呼吸器外科への受診をお勧めします。

呼吸器外科診療科長 影山善彦

PAGE TOP