読みもの

病気のお話し

健診センターで行う人間ドックは、世界の中でも日本はもっとも発達した健康を守るシステムです。
近年は癌・心筋梗塞、脳卒中が主な死因になっていますが、とくにこれらの予防、早期発見にドックの果たす役割は大きいものがあります。

しかしドックは、原則的にはご自分では症状がなく、健康と思っておられる方を対象としており、既に自覚症状がある方は保険診療を受けられる方が、確実かつ安上がりです。
通常のドックで行われる検査はスクリーニングと云われる一般的な検査が主であり、まれな病気の発見を目的とはしていません。ドックは一般的な病気の早期診断と、追加で精密検査を行うべき患者さんを選び出すことがその役割です。

多くの種類の癌は現在のところ確実な予防法は見つかっていませんが、胃癌・乳癌・大腸癌などは、早期発見して治療すれば高率に治るようになってきました。
また心筋梗塞・脳血管障害などは、高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病と密接に結びついていることが明らかになってきました。

これらは症状がないまま徐々に進む病気であり、また生活の改善でかなり進行が抑えられるので、ドックによる健診がもっとも効果的と考えられています。
近年は平均寿命の延長に伴い、いかに健康のまま老いるかが国民的な課題になっています。癌や多くの生活習慣病もドック健診で早く見つけて、早く治療を開始することが、元気なまま長生きする秘訣と云えるでしょう。

何も症状がなく、ご自分では健康と思っておられる方も是非ドックをご利用され、健康を保とうではありませんか。

副病院長 米川 甫

PAGE TOP