読みもの

病気のお話し

ドライマウス(口腔乾燥症)はドライアイとともに高齢の方を中心に近年急増している疾患です。ところで唾液は1日にどのくらい分泌されるかご存知でしょうか。意外に多く、1日に1リットルといわれています。

通常、口の中は、唾液腺で作られ分泌された十分な唾液で潤っており、食べ物をよく噛めて美味しく感じ、舌も滑らかに動いておしゃべりが楽しくできます。そして、唾液には様々な働きがあり、殺菌、消化や歯についた汚れを洗い流すなどの作用がありますから、唾液が減少すると虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、寝たきり高齢者などでは誤嚥しやすくなり肺炎の原因になることもあります。

ドライマウスで唾液が減少することによる最も多い訴えは、口の渇きと舌の痛みです。唾液の減少でなぜ舌に痛みが、と思うかもしれませんが、舌がガビガビに乾燥していれば、ちょっと歯に当たるだけでも痛みを感じてしまいます。

なぜ唾液の量が減るかについては、ある種の降圧薬や安定剤などの薬剤性以外は不明のことが多く、根本的な治療もないのが現状ですが、唾液はリラックス時に多く分泌され、ストレスがかかると減少します(緊張すると口が乾く経験がどなたにもあると思います)。

口が乾くな、と感じたらまずはリラックスした生活の心掛けを。噛むと唾液腺が刺激を受け唾液分泌が促進されるので、食事の時には噛む回数を増やしましょう。

口腔外科診療科長 池内 忍

PAGE TOP