読みもの

病気のお話し

手の外科は、肘から手指の先までの脱臼や骨折、変形、指を切断した時の再接着などを取り扱う、整形外科の中の一分野です。

以前は、手指の障害が直接生命にかかわらないことから、手はなおざりにされるきらいがありました。しかし、最近ではその重要性が認識され、大切に取り扱われるようになってきました。

そもそも、文明の進歩は、ヒトの優秀な頭脳と、そこで計画され立案されたことを実行に移すヒトの「手」にある、と言われていることからも当然です。

さて、具体的にはどのような時に受診すべきでしょうか?外傷に伴う痛みはもちろんのこと、スポーツ障害、慢性的な痛みや変形を認める場合などは整形外科の受診をお勧めします。手関節での骨折では、従来からのギプス固定もありますが、早期から手関節運動が可能な手術法の開発により、機能障害を極力抑えることが可能となりました。

スポーツ障害の具体的な例として野球肘などがあり、病態に即した治療を行う必要があります。切断指の再接着手術は、切断のレベルや創の状態により困難なこともありますが、顕微鏡視下に血管をつなぐことにより、再接着が可能となります。以上は具体例の一部ですが、これら以外でも手の領域でお悩みのことがあれば、整形外科を受診されることをお勧めします。

整形外科診療科長  照屋 徹

PAGE TOP