読みもの

病気のお話し

スギ花粉症は、スギ花粉によって起こる鼻粘膜のアレルギー疾患。発作的に繰り返すくしゃみ、水っぽい鼻水、鼻づまりが特徴です。そのため毎年スギ花粉が飛散する2月から5月の初めまで、スギ花粉に対するアレルギーを持つ、いわゆる「スギ花粉症」の方は苦労されることでしょう。

特に静岡県は周囲の県と比較して、例年花粉飛散が多いため、患者も多く、症状も重症のようです。今年の花粉予想では飛散量は例年より少ないようですが、花粉に対する感受性は個人差があり少しの花粉でも症状が出る方もいます。

対処法はマスクなどで花粉を避けることが一番簡単にでき、非常に有効です。治療は飲み薬や点鼻薬が中心。薬には多くの種類があり、症状や患者さんの希望により使い分ける必要があります。飲み薬には1日1回で効果のあるものや眠気のないものも。効果が出るのに時間のかかる場合もあるので、症状が出る少し前から飲み始めるのも有効です。点鼻薬ではステロイドを使用。点鼻薬の場合使用量が少なく局所で分解されるため全身的な副作用はほとんどありません。ステロイドの注射を行っている施設もありますが、副作用の面から勧められません。

レーザー治療などもありますが、効果には個人差があります。症状でお困りの方は一度耳鼻科専門医を受診されることをお勧めします。

耳鼻咽喉科長 武井 聡

PAGE TOP