診療科・各部門について

t_emergency

スタッフと専門領域

医師名 出身大学 医師免許取得年 専門領域・資格等


救急センター科長
西山雷祐

浜松医科大学 昭和62年 ・医学博士
・日本外科学会専門医・指導医
・日本消化器外科学会専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会専門医
・日本救急医学会救急科専門医
・日本DMAT隊員
(専門分野)一般・消化器外科

病院長
藤井浩治
慶應義塾大学 昭和58年 ・日本脳神経外科学会専門医
・日本救急医学会救急科専門医
・日本医師会認定産業医
・慶應大学客員講師

集中治療室 室長
高澤研丞
 東海大学 平成11年  
・日本救急医学会救急科専門医
・日本臨床救急医学会
・日本救急医学会関東地方会幹部
・日本外傷学会
・日本熱傷学会
・日本整形外科学会
・日本麻酔科学会
・日本中毒学会
・日本航空医療学会
・日本集中治療医学会

主な対象疾患

心臓血管外科領域を除く、全疾患に診療可能な体制をとっています。
※ 末梢血管外科(腹部大動脈、末梢動脈疾患)は診療可能です。

特徴・特色

救急センターでは
平日日勤帯:内科系、外科系初療医をおき、必要に応じて各科専門医が診療を 行っています。
平日当直帯、休日:静岡市清水区救急医療体制のなかでの二次救急輪番制にて対応をしています。救急患者には内科系、外科系、小児科系、産婦人科系の当直医が初療にあたり、必要に応じて各科オンコールの体制をとっています。

清水区の二次救急医療に関するお願い

当清水病院は小児・外科・内科などの救急当番病院として、現スタッフや応援の医師と共に全力で対応をさせていただいております。

しかしながら、皆様ご承知のとおり医師不足により市内の各病院から医師が減少し、特に清水地区の病院においてその傾向が顕著となっております。

小児科に引き続き外科系の診療科も夜間等の救急の当番日の一部を旧静岡地区の病院にお願いせざるを得ない事態となっております。

当病院は、今までも外科系は月13回ほどの夜間救急当番をお引き受けしておりますが、医師や医療スタッフの数から現状維持がやっとで皆様に安全・安心・満足の医療を提供していくためには、当番日を今まで以上増やすことは困難でございます。『当院の当番回数は、外科系13回/月・内科系13回/月・小児科6回/月 対応』

大変申し訳ありませんが、当病院救急当番日以外の日は旧清水地区もしくは旧静岡地区内の救急当番病院のご利用をお願いいたします。今後皆様の病院としてご期待に沿うべく、医師等医療スタッフの確保等に全力を尽くし安心して暮らせる医療体制を確保するよう努力いたしてまいります。皆様の御理解と御協力をお願いします。

PAGE TOP